日本一の干し大根と大根やぐらを日本農業遺産へ

本協議会について

 本協議会は、宮崎平野の冬の風物詩である日本一の生産量を誇る干し大根と大根やぐらをシンボルに日本農業遺産の認定と、本地域を中心とした農業の振興、地域の活性化を図ることを目的に、平成29年4月25日に発足いたしました。

詳細はこちら

日本農業遺産とは

 国連食糧農業機構(FAO)による世界農業遺産に対し、その国内版として2016年度に農林水産省が制定した制度。日本の将来に受け継がれるべき伝統的な農法を発掘し、その価値を評価し、農林水産大臣が認定するものです。

詳細はこちら
下にスクロール

日本一の干し大根やぐらについて

 宮崎県は日本でも有数な干し大根の産地のひとつで、特に「たくあん」などの加工用大根の生産量は日本第一位です。
 その中でも本協議会のある宮崎市が干し大根生産量、日本第一位です。

詳細はこちら
日本一の干し大根と大根やぐら日本農業遺産推進協議会

協議会のロゴマーク決定!

みなさまからのたくさんのご応募、誠にありがとうございました。
日本一の生産量を誇る干し大根と大根やぐらについて多くの方に知っていただき、日本農業遺産の認定に向けた機運を盛り上げるためのロゴマークが、厳選なる審査を経て決定致しました。

詳細はこちら